代表理事 ご挨拶

一般社団法人 日本糖質制限医療普及推進協会

代表理事 江部 康二(えべ・こうじ)

 

内科医/漢方医/一般財団法人高雄病院理事長

 

1950年生まれ。京都大学医学部卒業。京都大学胸部疾患研究所などを経て、1978年より医局長として高雄病院に勤務。2000年理事長に就任。

 

糖尿病治療の研究に取り組み、「糖質制限食」の体系を確立。自身も実践し、肥満と糖尿病を克服。数多くの臨床活動を通して、糖尿病、肥満、メタボリックシンドロームなどに対する糖質制限食の画期的な治療効果を証明している。

日本糖質制限医療推進協会のホームページをご覧いただき有り難うございます。

 

糖質制限食は、糖尿病の悪化を食い止めるための手段として、一般財団法人高雄病院(京都市右京区)において、私の兄江部洋一郎院長(当時)が1999年に始めた食事療法です。

 

2001年、私も自分が受け持つ糖尿病患者さんに糖質制限食を導入した際、劇的な効き目を示しました。

 

この事実と、02年に私自身が(2型)糖尿病であることが発覚したことが大きなモチベーションとなり、高雄病院の栄養士・薬剤師・医師の力を借りて徹底的に糖質制限食を研究しました。

 

その結果、「食後血糖値を急峻に上昇させるのは糖質・タンパク質・脂質のうち糖質のみである」など、様々な生理学的な事実を確認することができました。

 

さらに、血糖値のみならず、中性脂肪やHDL-Cなど動脈硬化のリスク要因全てが改善し、糖尿病・肥満・メタボリックシンドロームだけでなく、アトピー・花粉症、逆流性食道炎、片頭痛など様々な生活習慣病にも抜群の効果を発揮することが判明しました。

 

糖質制限食とは、脂質やタンパク質はしっかり摂取して、血糖値を上昇させる糖質だけは極力減らす食事療法です。

 

簡単に言えば、主食を食べない代わりに肉・魚・野菜などのおかずばかりを食べるというイメージです。

 

現代の高糖質食と比べると変わった食事という風に、多くの人が思われるかもしれません。しかし、実は糖質制限食は、人類本来の自然な食事なのです。

 

人類が誕生したのが約700万年前です。農耕が始まるまで人類の生業は狩猟・採集で、全ての人類が糖質制限食でした。約1万年前に農耕が始まり、主食が穀物へと変化し、現在まで続いています。

 

すなわち穀物(糖質が多いもの)を主食としたのは、人類の歴史の中でわずか700分の1の期間に過ぎません。歴史的に進化の過程をみると糖質制限食と高糖質食、どちらが人類にとって自然な食事なのかはいうまでもありません。

 

糖質制限食を実践することで、糖尿病やさまざまな生活習慣病が改善されていくことは、糖質制限食が人類本来の食事、いわば人類の健康食であることを踏まえますと、当たり前といえば当たり前なのです。

 

今回設立に至りました(一社)日本糖質制限医療推進協会は、糖質制限食理論の普及啓発、さらなる研究活動を通して、「人類本来の健康食」たる糖質制限食を「美味しく、楽しく」日々の暮らしの中で実践して頂くため、今まで以上に精力的に情報発信をすることを目的としております。

 

より多くの皆さまにご賛同、ご参加頂けますと幸甚です。

 

 

 

糖質制限食の第一人者

(C) 一般社団法人 日本糖質制限医療推進協会 2015